【博多女子高校×糸島産ふともずく】商品開発02-マーケティング


目次

博多女子高校商品開発2年生と福岡県糸島市の地方共創プロジェクト

博多女子高校と糸島商品開発物語

糸島の芥屋では、15年ほど前から県の試験場が種網を準備し、「JF糸島芥屋支所もずく部会」が海でふともずくを育てています。

糸島市役所秘書広報課の岡主査を中心に、「糸島産ふともずく」のマーケティングモデル事業を始めたのが、構想を含めておよそ1年前から。

一方、博多女子高校トータルビジネス科の3年生達は、約半年間の授業期間の中でマーケティングを行い、商品の研究開発及び、パッケージの制作を手がけてきました。


糸島市と博多女子高校で動き出したのは2016年9月。そこから全てがスタートしました。

マーケットとターゲットの意識

h1

博多女子高校2年生、商品開発クラス43名。

このメンバーで、2016年の商品開発の授業がスタートしました。
いつもは違う教室で過ごす2クラスから、希望者のみが集まったメンバーです。

5つの8人程の班に分け、班で行動するところからスタートしました。
違うクラスから集まった班なので、話したこともない人とも一緒になっています。

彼女達にとっては、慣れない状況での授業。
けれど社会人になれば、それは当たり前のことになります。

【班で話し合って、共有して、決めて発表する。】

この行動を当たり前としてスタートするところからの始まりです。

マーケットとターゲット(購入する人)を考えた上での商品決定にむけて

h2

慣れない状況の中でも班で話し合って、意見をまとめ、基本的にその時間内で発表してもらいました。
とまどいながらも、必ずやり遂げる彼女達。

その状況が今までになかっただけで、やればしっかりと出来るようになっていきます。

候補の材料を自分たちで試す

h3

材料の「糸島産ふともずく」は、糸島で生産されているとは、福岡の中でもほとんどの人に知られていません。

なので、そもそも彼女達にも全く取り扱い方がわかりませんでした。

それは、実際に購入される方にとってもそうなはず。

「糸島産ふともずくは」、素材として何に合うか、何が合うか。

まずは自分たちで試しました。

try

この素材は糸島市、そしてJF糸島(漁協)のご協力で準備・提供をしていただいたものです。

福岡のスーパーにも並んでいないものですので。

h4

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次